ブログ紹介 : Visual Studio 2010 VC++ における Transactional File System のサポート

こんにちは。

以前、下記でもご紹介しましたが、Windows Vista 以降では、Transactional File System (TxF, Transactional NTFS) がサポートされており、ファイルやレジストリーに対してもトランザクションを使用 (コミット、ロールバックなど) した一貫したアクセスが可能です。

Vista の TxF をコードで体験する :
http://blogs.msdn.com/tsmatsuz/archive/2006/11/06/community-ring-follow-up-2-vista-txf.aspx

TxF を使って、RDBMS、MSMQ と相互運用させる :
http://blogs.msdn.com/tsmatsuz/archive/2007/02/11/txf-transacted-ntfs-rdbms-msmq-rtm.aspx

この Transactional File System が、Visual Studio 2010 の VC++ ではさらに扱いやすくなります。詳細は、以下をご参照ください。

[Visual C++ Team Blog] ATL support for Transaction File System :
http://blogs.msdn.com/vcblog/archive/2010/02/02/atl-support-for-transaction-file-system.aspx

ポイントを記載すると、以下のような内容です。

  • Transactional File System API をラッピングした ATL のクラスの提供
  • CFile, CStdioFile など、既存の MFC のクラスに対する Transactional File System のサポート
  • Windows XP など、Transactional File System をサポートしていない OS 上での挙動 (アプリケーションエラーとならないための挙動) の確保

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s